So-net無料ブログ作成
検索選択

1歳長女重体、床にたたき付けた母親逮捕(読売新聞)

 長女を床にたたきつけ、大けがをさせたとして、静岡県警三島署は13日、同県函南町肥田、無職土屋麻友子容疑者(21)を傷害の疑いで逮捕した。長女は、頭を強く打って意識不明の重体。

 発表によると、土屋容疑者は13日午後2時半頃、自宅リビングで、1歳5か月の長女をあやしていたところ、泣きやまないことに腹を立て、床にたたきつけた疑い。土屋容疑者は「泣きやまないのでイライラした」と話しているという。

 土屋容疑者が自分で119番通報したが、搬送された静岡県伊豆の国市内の病院が不審に思い暴行が発覚した。土屋容疑者は長女のほか、28歳の夫、2か月の長男と暮らしている。

<関西記者クラブ賞>囲碁は井山名人に 将棋は久保王将(毎日新聞)
民主党 企業・団体献金「党本部」禁止触れず(毎日新聞)
JR日豊線に置き石、特急止まる=大分(時事通信)
石川議員を再聴取=18日、元公設秘書らも−陸山会虚偽記載・東京地検(時事通信)
地元調整「6月以降も継続」=米との合意は今月中に―普天間問題で前原担当組(時事通信)

寂光院 放火から10年 消防訓練で思い新た(毎日新聞)

 京都市左京区の寂光院(滝沢智明住職)で本堂が放火されて全焼した事件(07年に時効)が発生から10年を迎えたのを機に、市消防局などは11日午前、現地で消防訓練を実施し、参加した約30人が文化財防火への思いを新たにした。

 火災は00年5月9日未明に発生。本堂に安置されていた本尊の木造地蔵菩薩(ぼさつ)立像(重文)も黒く焼け焦げた。本堂と本尊が05年に再建・復元される一方、焼けた旧本尊は合成樹脂で表面を固める劣化防止処置が施され、事件の悲惨さを伝えている。

 この日の訓練は、本堂から出火した想定で実施。寺の自衛消防隊が消火器で初期消火に取り組み、付近住民らが仏像の複製品を抱えて運び出すなどした。

 寂光院の事務職員の増田康信さん(39)は「当時の記憶が薄れないようにしたい」と話した。【五十嵐和大】

満開のフジに誘われて 江東区の亀戸天神にぎわう(産経新聞)
両陛下が学童クラブをご訪問(産経新聞)
堺の虐待死「腹にひざをのせて圧迫」 男を起訴(産経新聞)
<将棋>羽生が38手目封じて1日目終了 名人戦第3局(毎日新聞)
桟橋方式は工期7年、費用1.5倍=埋め立て・浮体式も併記−修正案(時事通信)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。