So-net無料ブログ作成

<口蹄疫>宮崎・延岡へ通じる林道2路線封鎖 大分県佐伯市(毎日新聞)

 宮崎県と接する大分県佐伯市は15日、宮崎県延岡市に通じる林道(県道)2路線にゲートを設け封鎖した。口蹄疫(こうていえき)が宮崎県北部の日向市でも確認されたことを受けた措置。

 佐伯市と延岡市の境では、国道10号などで既に消毒ポイントが設置されている。佐伯市によると、この2路線は、木材の搬出以外に利用する住民は少なく、14日に延岡市と協議し「生活への影響は少ない」として完全封鎖を決めたという。さらに佐伯市は24時間体制の消毒ポイントを設置する必要のない路線で、封鎖できる路線がないか検討している。【古田健治】

【関連ニュース】
口蹄疫:西都市で新たに感染の疑い 289例目
口蹄疫:戸別所得補償の特例措置検討へ 篠原副農相
口蹄疫:牛豚殺処分、雨で進まず 宮崎
口蹄疫:20日までに処分終えるめど立つ 官房長官報告
口蹄疫:宮崎の甲子園予選に波及 無観客や開会式なし検討

防犯カメラの映像、別人だが「似てたから」自分と…(読売新聞)
長妻氏 子ども手当「満額支給非常に難しい」(産経新聞)
準天頂衛星 1号機 8月2日に種子島から打ち上げへ(毎日新聞)
<在日米軍再編>普天間移設 きょう菅首相と沖縄知事が会談(毎日新聞)
<サムライブルー>サッカー少年が日本代表祈願 湯島天神に絵馬奉納(毎日新聞)

政府与党、会期延長を検討…参院選ずれ込みも(読売新聞)

 政府・与党は4日、郵政民営化を抜本的に見直す郵政改革法案を今国会で成立させるため、16日までの国会会期を約2週間程度延長する検討に入った。

 この場合、7月11日投開票が有力な参院選の日程は、7月8日公示―7月25日投開票にずれ込む見通しだ。

 菅新首相は4日の記者会見で、会期延長に関し「(国会は)会期で終わるのが普通だが、いずれにせよ新しい体制で議論が必要だ」として、民主党の幹部人事後に決断する考えを示した。また、郵政改革法案の扱いについて、「(国民新党と)今国会で成立を期すと合意している。この合意に沿って全力を挙げていきたい」と述べた。

 郵政改革法案は5月31日に衆院を通過したが、鳩山内閣の退陣に伴う国会の混乱もあり、参院の審議は始まっていない。民主党の山岡賢次国会対策委員長は4日、同法案の今国会での成立に関し「実現していくにはある程度の日数を要する」と記者団に述べ、会期延長に含みを持たせた。

 今国会は最大で7月25日まで延長可能だ。参院選の投開票日も、8月24日まで先送りできる。ただ、会期延長には、選挙を控えた参院側に異論もある。

会期延長、菅氏の判断=民主・輿石氏(時事通信)
「福島氏を罷免せざるを得ない状況に陥った」鳩山首相会見 迷走を陳謝 (産経新聞)
自民「痛い。鳩山首相のままの方がよかった」(読売新聞)
「地獄の底に突き落とされた思い」 石綿訴訟 国の控訴方針に原告団が抗議 (産経新聞)
<普天間移設>日米合意「重要な一歩」ルース大使(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。